ダイアンと30代の婦人病

 

子宮内膜組織というものがあるのですが、この子宮内膜組織は子宮ではないところに付着して、増殖してしまうのです。
それが子宮内膜症の原因となるのです。

 

子宮内膜というのは本来であれば子宮内部に存在している非常に薄い膜です。
月経周期に女性ホルモンの影響を受けると、1センチくらいにまで増殖するのです。

 

この増殖は、受精卵が着床をしやすい状況にするためのものです。
それから妊娠をしなかったとなれば、分厚い子宮内膜というのは元の状態に戻ります。
その結果簡単に剥がれ落ちるようになり、月経血になって体外に流れていきます。

 

子宮の場所以外に子宮内膜症を発症しやすいのは卵管や腹膜、直腸のような骨盤内部に存在している臓器になります。
非常に稀ではあるのですが、肺にこのような症状が起こることがあるといわれています。

 

子宮以外の部位に発生した子宮内膜も、月経周期に合わせて増殖をしたり剥がれたりするのです。
剥離した組織は排出されることもありませんので、その場に溜まったままになります。
その残った子宮内膜が様々な症状の原因となってしまうんですよ。

 

つまり、ダイアンによってホルモンバランスをコントロールすることで子宮内膜症の症状の予防、緩和をすることができると考えられています。